おさきに失礼します。
~ただいま1800万。めざせ3000万と、セミリタイア~
FX MISSION ZERO

SOPHIA FX 来週の注目通貨84

SOPHIA FX 来週の注目通貨

【USD/JPY】【GBP/JPY】
「月足確定のタイミングでチャネルを僅かに上抜けてきました。週足CLがPT7の売りポイントなので油断は禁物ですが、短期では買い優勢になるかも。ちなみに週足で可視範囲出来高を確認するとCL付近が最も出来高が多いです」
→「週足+1σまで到達(ここはPT7売りポイント)。日足PT2買い→PT6買い。4HPT6買い。月足価格帯別出来高をみると今の水準からは易々とは上がらなそう。今週の上げは揉まずに一気に上げたので日足4Hの出来高はスカスカの状態です。下げに転じると一気に落ちる可能性あり。
その他クロス円も基本的な流れは同じ。日足4HがPT6買いでBWかつ月足週足でも節目に到達してるものが多く見受けられます。流石に短期間で上がりすぎなのでPT1売りorPT8売りorPT9売りを狙える展開になってもおかしくはない。個人的には浅い押しでの押し目買いは慎重になりたいところ。とりわけスイス円は月足週足+2σまで到達しているのでチャート形状としては特に注目です」
→「先週の上げ幅を帳消しにする戻しとなりました。月足では月足-1σ=チャネル上限がPT7の買いポイントなのですが、出来高的にはあまり上を狙えるカンジもしません。短期的には107.7~107.8を上抜けられるかどうかが注目ポイントになります。
その他クロス円に関しては、ポンド円キウイ円が上位足のTLに反応→日足PT1売りの流れで特に分かりやすかったです。注目していたスイス円は下落幅こそ物足りないですが、4Hで下にブレイクしかかっているので来週の動きに注目ですね。ただし、全体を通して言えることですが絶好の売り場はもう過ぎました」
→ドル円は週足形状からもう暫く上下に行ったり来たりしそう(週足PT4売り買いPT7買い)。ポンド円は週足-1σ=日足-2σでここは週足PT4買いPT7買いポイント。4HPT6売りでBW状態。※月足形状は良くないです。

【EUR/USD】【GBP/USD】【NZD/USD】
「流れはクロス円とほぼ一緒で注目するポイントも一緒。調整波を狙うか押し目を拾いにいくか」
→「クロス円とほぼ同じ流れ。日足CL到達していないPT1売りのものがまだありそれらがIN候補。ユロドルも面白そうですが価格帯別出来高的には狙い目はキウイかな」
→ユーロドルは価格帯別出来高単体判断ではまだ下落余地がありそう。週足ではPT6買い発生中だが月足形状からINは慎重になりたい。ポンドドルはポンド円と同じ展開なので説明省略。キウイドルは価格帯別出来高から日足CLを終値で下回れれば0.62前後までもう一段下落が見込める。

【USD/CHF】【GBP/CHF】
「スイス円ドルスイス共に日足4Hに注目しています。ユーロスイスは続伸。月足-1σ=週足+2σにタッチするも終値で月足-1σを上抜けることは出来ませんでした。何度も書いていますが価格帯別出来高からは1.08を目指せそうな気がしますが、日足で長い上髭も出ていますし一服感は否めません。日足PT6買いを維持できるかに注目」
→「ユーロスイスはチャネル上限を僅かに上抜けました。ターゲットとして掲げていた1.08まで伸びましたし週足価格帯別出来高をみると1.08~1.1は上抜けられるか微妙なところです。美味しい箇所は過ぎた感は否めません」
→「クロス円とチャート形状が似ているので説明省略。スイス円の動きも考慮すると今から乗れそうなのはドルスイス位でしょうか」
→ドルスイス日足PT1買い発生。価格帯別出来高からは0.96前後までの上昇が見込めそうだが週足形状がいまいちなので4Hブレイクを待って乗っていきたい。ポンドスイスはポンド円参照。

【EUR/GBP】
ボリバンが開き気味なのが少し気になるが月足+2σは過去何度も止められているラインなので月足4HPT9売りもしくは4H単体PT1売り待ち。逆に言うとまだ上げ余地はあるので日足4HPT6買い短期ロング戦略もあり。

【AUD/NZD】【AUD/CAD】
「断定はできないが豪ドルキウイはピークアウトした可能性あり。月足週足価格帯別出来高をみると今の水準が最も売り買いが交錯している箇所であり、ここを下抜けてくるとその可能性がより高くなる。豪ドルカナダも上位足節目+日足PT6買いBWでいつものやつ」
→「豪ドルキウイが週足+1σを下回り週足準PT1売り。豪ドルカナダで日足PT1売りが発生していることも考慮すると豪ドル売りに勝機があるかも」
→思ったほど落ちなかったが売り目線継続。豪ドルカナダ下落目途0.92。

【GBP/AUD】【GBP/CAD】【GBP/NZD】
「基本的な流れは同じなのでポンド豪ドルのみ説明。月足CL=週足-2σでPT7買いポイント。日足PT6売りでBW状態。4HPT4売り買いで行ったり来たり。日足-1σ=4H+2σなので上に抜ければ複数の勝ちパターンを根拠としたトレードになります(勝てるかどうかは別問題ですが)。ポンドカナダポンドキウイは若干細部が異なるので気になる人は自分でチャートを確認してみてください」
→「ポンドカナダが一足先に日足PT1買い発生。ポンド豪ドルは週足で下に放たれたようにもみえるので注意が必要かもしれませんね」
→「ポンド豪ドルはFR38.2=月足-1σで月足価格帯別出来高も最もボリュームがあるゾーン。反転のタイミングをうかがう頃合いです」
→「そろそろ反転すると思っていますが短期足をみると確信がもてません」
→ポンド豪ドルが一番早く反転しそうな気がします。買い目線継続。ポンドキウイはもう少し下がりそう。

【NZD/CAD】
「月足に注目しています。月足TLとPT7売りポイントが交わるあたりまで上がってくるの待ち」
→「狙いは変わらずですが、日足4Hが下に放たれてしまったので素直に日足4HPT6売りで追従するべきところかも」
→「月足週足を眺めています。 上がってくるの待ち」
→「ラインの引き方がまずい可能性もあるが、日足4Hをみると月足TLにタッチしてほとんど反応していないことが確認できるし僅かに上抜けている。少し様子見したいところ」
→「0.86~0.87は出来高スカスカ。売り勢が勝つと日足+1σ→CLまで一気に落ちると思われます」
→売り目線継続。下落目途0.86。

[コメント]
おはようございます。
来週注目の通貨ペアはポンドクロスです(_ _)

とりあえず100回までは頑張って続けます。