おさきに失礼します。
~ただいま1800万。めざせ3000万と、セミリタイア~
FX MISSION ZERO

SOPHIA FX 来週の注目通貨76

SOPHIA FX 来週の注目通貨

【USD/JPY】
日足4Hをみるとそろそろ方向感が出てきそう。短期は上下どちらの可能性もあるとみます。月足の価格帯別出来高をみると109~112円が抵抗になりそうなので、一旦上に振ってくる可能性はありますが、中長期は下目線です。

【GBP/JPY】【NZD/JPY】【CAD/JPY】【NZD/USD】【USD/CAD】【GBP/CHF】【NZD/CHF】【CAD/CHF】
「週足を眺めています。 どれも週足-1σで止められており買いの勝ちパターン発生はお預け。下位時間軸日足4Hに目を転じるとキウイ円とカナダ円はPT4売り買いがワークしそう。 ポンドスイスは週足-1σを上抜け準PT1買い発生しています。1.25までは抵抗になりそうな極端な出来高はありません」
→週足を眺めています。基本的に大きな動きはありませんが、ポンドスイスが思ったほど伸びてきませんね。1.21を明確に抜けてくるのを待ちましょう。キウイスイスが週足-1σを上抜けたようにもみえますが日足でブレイクしていないので判断保留。あと、取り上げておいてなんですが、カナダドルは原油に振り回される展開が続いているのでスルーして構わないと思います。

【AUD/JPY】【AUD/USD】【AUD/CHF】
「豪ドルスイスで週足PT1買い発生(豪ドルドルも週足準PT1買い判断です)。豪ドルスイスの方はチャネル下限が待ち構えているが、どちらも価格帯別出来高判断では週足CLまでスカスカなので案外すんなり到達する可能性があります。4HPT6買いBW→4HPT1売り→4HPT5買いor日足PT6買いあたりで引きつけてからINが理想ではある」
→「順調に推移。月足-1σ=週足CLまでは日足4Hの押し目を拾っていけばよさそうな展開である」
→概ね順調である。豪ドルスイスが予想通りチャネル下限で止められているが0.65あたりまでは上下動を繰り返しながらも到達しそうな気がします。4Hそろそろ調整に入るかもしれませんね。

【CHF/JPY】【USD/CHF】【EUR/CHF】
「ドルスイスは月足TLを上抜けましたが売り目線でみています。スイスフランよりドルが買われているのは世界中がコロナ蔓延の可能性があり過去の値動きをなぞると考えない方がよいことの裏付けといえそう。とはいえ、月足CL=週足+1σ=日足+2σでPT7売りポイントであること、4HがPT6買いなのでそろそろかなとは思って眺めています。ユーロスイスは月足週足PT8買い待ち継続ですが、場合によっては月足FR線の引き直しを考えるべきかもしれません」
→「ドルスイスは売り目線ですが、今の水準が月足PT7買いポイントで、なおかつ日足PT4売り4HPT6売りなので4HPT1買いとなり短期的に上昇するかもしれません。ユーロスイスは週足に是非頑張ってもらいたいところ」
→「スイス円は月足CLがPT7買いポイント=週足-1σがFR50%かつPT7買いポイント=4HでPT1買いでCLタッチ。日足PT6売りなのが多少気になりますが、4H価格帯別出来高を確認すると111.5までは伸びしろがありそうです。ドルスイスは月足TL付近まで再度上昇してきました。これがもう少し上がってくるとTLが日足+1σと重なりPT7売りのポイント=4HPT6買いからのPT1売りに繋がれば面白そう。ただし、この月足TL既に何度も機能しているのでいつか必ず破られます。ユーロスイスは・・・週足もっと頑張れ」
→「細部に至るまで的中したわけではないですが、スイス円ドルスイス共にほぼシナリオ通りの展開になったので及第点は貰えるかな(笑) ユーロスイスは来週に期待」
→「ユーロスイスが安値更新したためFRを引き直した。狙いに変更はない」
→スイス円は週足FR50%61.8%が意識されており週足日足PT7買いで反応。月足の位置が中途半端だが111円までなら狙えそうな気がする。ユーロスイスは4Hブレイクに失敗したがここを抜ければ景色が変わりそう。週足勝ちパターン発生が待たれる。

【AUD/NZD】
「短期間で上がりすぎ。①週足+1or2σのPT7売り+②日足4H準PT8売りor4HPT1売りのコンボ待ち」
→「続伸して月足CL=週足+2σ到達。月足を見る限りここから上は出来高も多くなってくるので易々とは高値更新できないと思われます。とりあえず日足レベルで1.05あたりまで調整するシナリオ」
→外れた。昨年11月につけた高値からFRを引いてみたが61.8%もぶち抜いている。全戻しの可能性もなくはないが、月足レベルではここから上は出来高が最も厚いゾーン。調整入り間近だと思うのだが・・・

【AUD/CAD】
「こっちも短期間で上がり過ぎ。FR61.8=月足-1σ=週足CL。月足形状がやや気になるものの狙いは豪ドルキウイと同様」
→「僅かに月足-1σを上抜けてきたようにもみえます。まだ月半ばなので杞憂に終わるかもしれませんが、月足BWの途切れをどう判断するか迷う良い事例ですね」
→続伸。月足レベルでは0.95あたりまでいく可能性あり。豪ドルが強いというよりカナダドルが弱すぎるのかな。

【EUR/AUD】【EUR/NZD】【EUR/CAD】
「続落。価格帯別出来高的には1.65まではスカスカなので下落余地はある。日足4Hの戻り売りが無難かな。似たような展開のユーロキウイは1.75まで下落余地あり」
→「そろそろ戻り売りも危険な水域に差し掛かってきたと思います。4Hレベルではどの通貨ペアも反転の兆候が出始めているため買い目線で臨みます。ユーロ豪ドルは月足PT6買い、週足PT5買い、日足PT1買い、4HPT2買いPT3買いPT7買いが仕掛ける勝ちパターン候補。ユーロカナダはTLにタッチしたらある程度の反応がありそう。ユーロキウイは週足+1σを下抜けましたが、基本的なシナリオとしては月足+1σで止まるとみています」
→ユーロ豪ドルは月足+1σ到達で達成感あり。下位時間足からもここからの売りはNG。ユーロキウイは週足CL1.75付近まで下落余地がありそう。ユーロカナダは見立てに変更なし。

【GBP/AUD】
「ポンド豪ドルは続伸。月足がPT7売りポイントだがFR的にも価格帯別出来高的にも伸びる可能性がまだある。週足日足PT8売り待ち」
→「週足PT1売り。月足CL付近までは出来高がそれほどないのが確認できます。月足+1σまでは戻り売りに徹して構わないと思います」
→「週足CL到達。またほぼほぼ月足+1σに到達したのでさらに下を探る展開になるのか注目したい。4Hでは反転の兆しが出ているのでここから売りで入るのは得策ではない」
→価格帯別出来高から月足CL=週足-2σまで下落余地があると思っていますが、月足PT6買いや週足PT4売りで一旦上にいく可能性もあります。

【NZD/CAD】
月足に注目しています。

[コメント]
おはようございます。
来週注目の通貨ペアはスイスクロスとオセアニアクロスです。

キャプチャのアップロードにやたら時間がかかる問題が未だに解決できません。
レンタルサーバーの容量も全く問題なくPHPVerの更新などはやってみたのですが・・・
(導入済みのプラグインのいずれかが悪さをしてる可能性も否定できませんが)
このままの状態が続くようであればチャート画像なしにするかもしれません。

鹿子木式FXのサービス全般を提供している株式会社メデュからのお知らせだそうです↓
気になる方はチェックしてみてください(_ _)

ちなみにですが、
FX MISSION ZEROの頃にも「勝ちパターン発生お知らせサービス」というものがあり、
けんさんが実際にポジショニングするタイミングを受講生は知ることができました。
が、経験則上、誰かの相場観に頼ったトレードに慣れると自己研鑽を怠るようになります。
平たく言うと、勉強しなくなります。
まだサービスの詳細が明らかになっていないのでこれ以上は言及しませんが、
意志の弱い人は使い方に注意しましょう。
※ディスってるわけじゃありません、念のため。
管理人は今も勝ちパターンを環境認識に活かしてトレードしているので。