おさきに失礼します。
~ただいま1800万。めざせ3000万と、セミリタイア~
FX MISSION ZERO

SOPHIA FX 来週の注目通貨㊿

SOPHIA FX 来週の注目通貨

【USD/JPY】
「USD/JPYは月足日足売り優勢、週足4H買い優勢。
4HでPT1買い発生。また週足-1σはPT4買いかつPT7買いのポイントでもある」
→クロス円はみんな大差ないチャート形状なので、ドル円のみ見ていく。 週足+1σはPT4売りとPT7売りのポイント、また週足+1σは価格帯別出来高単体としても強力なレジスタンス。日足+2σはPT7売りポイント(カウントの仕方次第ではPT3売り判断も可)。4HはPT6買いでバンドウォーク。4H各種インジに過熱感が出ていることから、このまま日足でPT2買いが発生するシナリオよりも目先は4HPT1売りないし日足4HPT9売りで調整するシナリオに傾くと考えます。

【EUR/USD】
週足準PT1買い発生。監視対象に追加します。

【GBP/USD】【GBP/CHF】
「4HでPT5買い発生中。また日足-1σはPT7買いポイントでもある。 抵抗となりそうな月足-1σ=週足CLが待ち構えているのが少々心配ではある」
→今回の勝ちパターンに乗っていればロスカットでしたが、その後謎の急騰。 来週は積極的にトレードしたい派は短期で上がり過ぎた反動からの調整波を狙う(PT1売りorPT9売り)、慎重派の人は何もせず静観しましょう。

【GBP/AUD】【GBP/NZD】
月足4Hもしくは週足4Hの組み合わせでPT9売りが狙えるかも。

【EUR/CAD】
「先月の段階で既に月足レベルのTLを下抜けていましたが、4HでPT2売り→PT6売り発生。
下落が本格化するかもしれないので要注目。売り目線です」
→「順調に下がっています。既にポジション構築済みなら日足or4Hのバンドウォークが途切れるまでは引張りましょう」
→「日足4HBWが途切れたので撤退。月足TL下抜けを根拠に売り目線は変更していません。
しばし様子見」
→「再び下げに転じました。日足のみ買い優勢、それ以外は売り優勢です。日足はポジション構築しづらい局面なので、4H下方ブレイクを待ちましょう」
→「4H下方ブレイク後揉み合い。月足未確定ですが、ほぼTL下抜け維持確定なので来月も売り目線」
→「できれば月足TLまで引きつけて売りたいところですが、4HPT1売り発生中、日足PT7売り、週足PT6売り(際どいが)なので、打診売りしてみてもいいかもしれません」
→まだ大きく動いてはいませんが、4Hに下落の兆候が。売り目線です。

【AUD/NZD】【AUD/CAD】
「片方は日足でPT1売り発生。週足PT4買いなので日足CLあたりまでの下落を想定。
もう片方は週足に注目しています」
→「AUD/NZDは続伸。週足レンジ上限まで到達しているが、月足を見るにもう一段階の伸びがあるかも。売り目線。AUD/CADは週足に注目しています」
→「AUD/NZDは月足CL止まり、週足レンジ上限PT3売りかつPT7売り、日足PT1売りになりそう。週足日足PT9売り判断でも可。売り目線です。AUD/CADは週足に引き続き注目」
→ 「AUD/NZDは週足レンジを上方ブレイク。売り目線は崩していませんが月足+2σ付近まで伸びる可能性が出てきました。AUD/CADは週足PT1買い発生。ですが、一気に来るこのパターンは今から乗っても手遅れです。見送りましょう」
→「AUD/NZDは月足+1σで抑えられており、日足PT1売りで一旦調整する可能性がありますが、他の時間軸はまだ買い優勢です。AUD/CADは見送って正解でした。月足はまだサポートで粘っていますが下抜けると大きめの下落に繋がるかもしれません」
→「AUD/NZDは日足PT1売りで調整中。日足以外は買い優勢で、価格帯別出来高から日足-1σが厚めのサポートになりそうなので、ここから売るのはリスクが高いと判断します。AUD/CADは残り1日、月足サポートを死守できるのかに注目しています」
→「AUD/NZDは日足-1σで止まりました。日足のみ売り優勢なのは変わらず。監視継続です。AUD/CADは月足サポートで持ち堪えました。日足4Hに注目しています」
→AUD/NZDは月足TLまで上昇からの爆下がりシナリオ。週足4HでPT6買いがワークしそう。AUD/CADは月足4H売り優勢、週足日足買い優勢。監視継続です。

【NZD/CAD】
「NZD/CADは月足レンジ下限に近付いている&それ以下の時間軸でバンドウォークが続いている」
→「監視継続」
→「日足4Hレンジ移行。監視継続です」
→「再び下落に転じました。下抜けしそうな雰囲気です。監視継続」
→「月足週足中心に監視継続」
→「月足はなんとか踏み止まりました。ですが、日足以外は売り優勢(4HでPT1売り発生中、日足PT7売り発生中、週足PT6売り発生中)なので数日は売り目線で問題ないと思います。ただし、週足バンドウォークがいつ途切れてもおかしくはないのでそのつもりで臨むこと」
→週足PT6売り継続、4HPT2売り→PT6売り発生中。

【NZD/USD】【NZD/CHF】
「NZD/USDは週足4Hに注目しています。NZD/CHFは週足がバンドウォーク日数のみから判断すればPT1買いと見做せなくもないが、チャート形状がイマイチなので判断保留。4Hも準PT1売りなので少し様子見したい」
→ どちらも似たようなチャート形状ですが、より綺麗なNZD/USD推し。 週足4Hに引き続き注目。4HがPT2買い→PT6買いなので、続伸すれば週足PT1買いに繋がる。

【EUR/GBP】
「4Hに注目しています」
→1段目のブレイク成功→2段目のブレイク失敗→謎のポンド買いで急落。 ※ちなみに急落の起点となったポイントは4HPT7売りのポイントでもありました。

【EUR/CHF】【AUD/CHF】【CAD/CHF】
日足4Hに注目しています。

【EUR/NZD】
日足の4Hレンジ幅が狭まっているので注目しています。

【USD/CAD】
4Hに目が留まりました。

[コメント]
おはようございます。
ポンドクロスが凄い動きしてますね。
翻弄された人も多かったんじゃないでしょうか(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)
インジから短期では買われ過ぎなのは疑いようがなく、 ここからのロングは慎重になるべきです。
ポンドクロスとクロス円を中心に来週は上がり過ぎた反動で調整に入ると考えるのが自然です。
PT1やPT9で調整波の一部を取っていく戦略で良いと思います。

祝50回目。