おさきに失礼します。~ただいま1800万、めざせ3000万、とセミリタイア。
FX MISSION ZERO

FX MISSION ZERO 自分の勝ちパターンの判断に自信が持てなくなったときに読む記事

こんにちは、おさきです。

今回はFX MISSON ZERO実践者が必ずぶち当たるであろう疑問を取り上げていきます。

まず、前提として話しておきますが、FXMZの勝ちパターンは非常にシンプルです。
これ以上シンプルな手法を探すのは逆に難しいって位にシンプル。

それでも、判断に迷うときが必ず出てくるんです。なぜなら裁量トレードだから。

具体例を挙げた方が解りやすいと思うので、さっそく話を進めていきます。

まずは勝ちパターンMISSON 001の定義を振り返っておきましょう↓

MISSION 001:(勝ちパターン1)買いの場合

① 日足のローソク足がボリンジャーバンドの-1σを9本以上バンドウォークしている銘柄を見つけておく。
② 朝起きて、前日のローソク足の終値が-1σを上回っていたら、買う。
③ センターライン付近まで上がってきたら、利食い決済する。

引用:FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

準備は良いですか?
それじゃあ、実際に過去チャートを見ていきましょう。

疑いようのない文句なしのMISSION 001ですね。
バンドウォークも9本以上、+1σも明らかに下回っています。
これは誰がどう見てもMISSON 001というでしょう。

チャートの波形がいつもこう綺麗に描かれるならいいんですけど、
実際はいつもこんな分かりやすいわけではありません。

たとえば、これはどうでしょうか?
判断に迷いませんか?
黄色いマルで囲った部分のどこからカウントするかで変わってきます。

1本目からカウントすれば勝ちパターン発生と判断できますが、
3本目からカウントすると条件を満たしませんよね。

わたしもFXMZに取り組み始めた直後にこの問題に直面しました。
そして、有料掲示板の過去スレッドを遡ってみたのですが、過去にも同様の疑問を持った実践者さんが健さんに質問をしていました。

あわせて読みたい
[ログインの仕方から徹底解説]FX MISSION ZERO 有料掲示板・メルマガは要る要らない!?こんにちは、おさきです。 今回は前回の記事の続きになります↓ https://junbari-project.com/2018/...

有料掲示板の一言一句を掲載することはできませんが、
健さんの回答の大まかな内容は↓

・どちらからカウントしても間違いではない
・逆算して本数をチェックするだけでも構わない
・大切なのは起点がどこかではなくて±1σを抜けるまでに
十分上がったかどうか下がったかどうか
・大切なのは一貫性のある判断をすること

これが裁量トレードの難しさです。
バンドウォーク9本というのは統計的にトレンドが終盤に近くなる期間なのでしょうが、そこにこだわるよりも数値化できない直感みたいな部分を養う必要があるということです。雲を掴めと言われてるようなものかもしれません。
(同じエフピーネット社の講師でスパンモデルで有名なマーフィーさんもこの類の話を
していた記憶があります)
伝説のトレーダーが本物のトレード手法を伝授
Eブック「マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム」

有料掲示板の実践者の勝ちパターン判断が微妙に異なっているのはこの為でしょう。
これに加えて使っている業者の為替レートやボリンジャーバンドの設定の違いからも
勝ちパターンか否かの判断に差異が生じているはずです。
(これはMISSION 001に限った話ではなく10の勝ちパターンすべてにおいて)

自分と他の実践者の勝ちパターン判断が異なっていると不安になるかもしれません。
もしそうであっても「他の人がそう判断しているなら」と解釈を変える必要はありません。誰かの判断に左右された結果、なんとなく取ったポジションが利益になっても何の意味もないからです。

迷うくらいなら見送りましょう。
文句なしの勝ちパターンのときだけエントリーしましょう。
そして、徐々に経験値を増やして分かる範囲を広げていくのがベストだと思います。

偉そうに書きましたが、わたしもまだまだヘタクソなんで一緒に頑張っていきましょう^^;

 

〈最後に〉
このブログではFX MISSION ZEROの10の勝ちパターンのうち、
MISSON 001しか基本的には取り上げません。

その理由は、
1.わたしが主に実践しているのがMISSION 001であるため
2.MISSION 001~MISSION 010の内容はマニュアルの購入者だけが知ることができ、
ブログで紹介するのは適当でないと考えているため

ただし、MISSION 001に関しては公式サイトで掲載されていて誰でも閲覧できる状態に
なっているので、ブログで紹介しても大丈夫だろうと解釈しています。